着色 かすみ草。

”かすみ草” をこれから、
ドライフラワーにしているところです。



f0352792_16431709.jpg










かすみ草

ナデシコ科 Gypsophila属 一年草

f0352792_16433703.jpg






”かすみ草” 本来の花色は、白ですが、

淡い染料を吸わせた
ドライにすると、

水色~アイボリー~薄色ピンクなどの
色彩が楽しめます。




f0352792_16440068.jpg











f0352792_16441204.jpg








かすみ草” の淡色ピンク

お花畑
ドライフラワーリース


f0352792_16442431.jpg








❀ Pastel green ❀








by pastel_diary | 2018-03-13 16:55 | リースのこと。

沢山のお方から、
嬉しい。。ご催促を頂いておりますが、
諸事情により、少し作品作りが遅れております . .
準備が整い次第、順に出品して参りますので
暫しお待ち下さい。。m(_ _)m





ハロウィンも終わって。。
今年も残すところ2ヶ月となり。。
クリスマスもそこまで来ています。。🎅


しまっていた箱から、
「どんぐりサンタ」のクリスマス リースを。。🌰
そ~っと出してみました~🎁



f0352792_21453920.jpg









< 2014年 作の「どんぐりサンタ」クリスマス リース >

f0352792_21461148.jpg




3年前に作った「2014-どんぐりサンタ」のクリスマス リースは、
しまわなく昨年から壁に掛けて楽しんでみました
木の実系はまだ大丈夫そうですが、
全体的に色褪せ感がみられ、
一部の装飾品に少しぐら付き感がありました。
ちょっと補修を加えるといい感じ。。173.png






< 2016年 作の「どんぐりサンタ」クリスマス リース >

f0352792_21463312.jpg




昨年、作った「2016-どんぐりサンタ」のクリスマス リースを
しまっていた箱から、そ~っと出してみました~🎁

少し退色がみられますが、まだまだ大丈夫で~す~





< 参考 - 補修と、お手入れについて。>

- 1 -
「どんぐりサンタ」リースを長期間に渡り、
楽しみたいお方は、面倒ですが季節行事の終わりに
保管箱に入れて保存管理すると退色が抑えられ
長年に亘り楽しめます。。177.png



- 2 -
装飾品のぐら付きや離脱の補修には、
用意に接着ができるグルーガンをお勧めいたします。

グルーガンとスティックは、ホームセンターか、
もしくは、格安な物では、
100円均一のショップにて販売している場合もあります。


- 3 -
使い方がわからないお方は、YouTube動画検索にて
「グルーガンの使い方」検索するといいですョ。。

※但し、グルーガンは、
とても高温になりますので
くれぐれもご注意してお使い下さい。



- 4 -
プリザーブド&木の実系「どんぐりサンタ」リースと
ドライフラワー系のリース保管とお手入れは、
下記の過去記事を、ご参考にして下さい。。



[ 2015-12 -20 ]





[ 2014-11 -04 ]







                                         

🌸 Pastel green 🌸










by pastel_diary | 2017-11-02 22:07 | リースのこと。

今年は気候により、昨年より2~3週間遅れで、
ドライフラワー用のアジサイが収穫となり
沢山収穫できました。



摘みたては、フレッシュ!!

f0352792_16423614.jpg







収穫して直ぐに
流水で、丁寧にジャブジャブ洗って、、
水が切れるまで、日影干しをしてから~





f0352792_16425595.jpg







どの紫陽花も、切り花から、
ドライフラワーになりますが、、
アジサイの品種も重要になり、、

花びらの縮がれなく。
花びらの色彩がしっかり乗って。
傷んだはなびらが残らない
きれいな、アジサイづくりをしています。






▼ アジサイ ドライフラワーの出来上がり!!


f0352792_16430967.jpg






乾燥部屋で二日間~。
シャリシャリの
ドライフラワーになりました。。



同じ品種のアジサイから、
水色、、グリーン、アンテーィク色の
三種類が収穫できました。





f0352792_16432375.jpg











f0352792_16433718.jpg











f0352792_16435650.jpg










最後に、衣装ケースに乾燥剤を入れて保存します。


f0352792_16442677.jpg









🌸 Pastelgreen 🌸








by pastel_diary | 2017-08-28 17:51 | リースのこと。

庭に咲く、ライスフラワーを摘んで。。
ドライフラワー(自然乾燥させた❀お花❀)
づくりをしました。。179.png

フラワーアレンジメントや
ドライフラワーリースの花材にします~。





ライスフラワー - Rice flower

f0352792_15113295.jpg






摘みたての、ライスフラワーを、
4~5本、束にして
4~5日間~吊るして
乾燥させていきます。。




f0352792_15114951.jpg









ドライフラワーが出来上がりました。。174.png

f0352792_15120420.jpg






とても、きれいな状態で乾燥しました。





f0352792_15121889.jpg





前回の記事。

[ 2017-04 -30 ]   




f0352792_15123252.jpg








❀ Pastelgreen ❀








by pastel_diary | 2017-05-02 15:33 | リースのこと。

2014年作の「どんぐりサンタ」のクリスマス リース


クリスマス リースのお手入れ。


ヒムロスギのクリスマス リースは、
プリザのヒムロスギをベースに作っているので
長い間、楽しめます。

長く飾っているとホコリなどが付着して
見かけが悪くなったりする場合があります。

クリスマスのシーズンが終わって、
元箱に入れて保管していました。


1年後。。


昨年、保管していた

「どんぐりサンタのクリスマス リース」を開封して

飾ってみました。.:。+



f0352792_17384418.jpg



一年経っても、、

とってもキレイです!053.gif





保存する場合は、

リースを元箱に入れて

保管すると長く楽しめます。



f0352792_17391270.jpg



来年、リースを出し入れし易いように
元ラッピングの
ビニールをシートとして使いますので
リースを再利用される場合は
捨てないで下さい。


最後に元ラッピングの
ビニールシートで
軽く覆い
出来上がりですが、、


もうちょっと!
お手を入れると、、
長持ち~するコツをお伝え致します。



湿度の調整のため
元ラッピングのビニールシートの内側に
リースの上面と下面に、
新聞紙を敷きます。


次に、丸めた新聞紙を中央に
軽く置いて
元ラッピングのビニールシートで
軽く覆い出来上がりです。




衣類用のコンパクトな無臭防虫剤などを
入れて置くといいです。


防虫剤が苦手なお方は!

乾燥したヒノ木チップや天然ショウノウ
木炭などを添えるとベストです。





f0352792_17395757.jpg




「どんぐりサンタ」のクリスマス リース は、
プリザーブド加工の花材を多く使用しています。

プリザーブド加工とは、
特殊な専用溶液に浸け込んで、
色素を吸収させ加工してあります
ナチュラルなドライフラワーとは違い
美しい状態を長い時間保てます。

プリザーブド加工された花材は、
若干の水分を含んでいるので
ケースなどに入れて
保管する場合は、
強力な乾燥剤を
使用しないで下さい。


直射日光を避け、
湿度の低い場所で、
管理されることを、お勧めします。




2014 「どんぐりサンタ」のクリスマス リース

Wreath ○ - 33㎝ ×8㎝

f0352792_17401841.jpg











f0352792_17403424.jpg








❀ Pastelgreen ❀











by pastel_diary | 2015-12-20 18:23 | リースのこと。

リースのこと。


花輪やリースには、昔から人の心を
優しくしたり、楽しくしたり、
お家や心身のお守りになったり
エネルギーを抑えたり
促したりする造形でもあります。


鉱物や宝石また植物や数珠なども
同じような作用があるようです
日本には、古くから伝わる
お正月のしめ縄なども、
編み込み方やねじり方などによって
お守りという造形の一つになります。

地球上にある全ての鉱物や植物には
それぞれの特徴があり組み合わせ次第では
多様な関係性が生じてきます。

その中でも植物は、
浄化や代謝に優れ、食物や生薬や香りなど
全ての万人や動物に奉仕をしてくれますが
鮮度が落ちやすく消耗が早い難点もありますので
上手に、お付き合いをしていきたいものです。


f0352792_22533795.jpg





ドライフラワーとは。。


ドライフラワーとは、自然の花・葉・茎・実・実殻などを
自然乾燥させて作った自然素材です。

自然素材のドライフラワーは、
空気中の水分(湿度)を吸ったり、吐いたり
常に呼吸をしています。
湿度が低い時期には、若干パリパリっとなりやすく
湿度が高い時期には、若干しんなりとなりやすくなります。

環境や地域にもより誤差がありますが
呼吸を繰り返しながら気付かないくらいの進行で
少しずつ香りが無くなり、退色もしていきます。

また、退色した感じをアンテーィクな
自然素材の風合いとして
愉しまれる方もおられます。





ドライフラワーのリースのお手入れ。。。


ドライフラワーのリースは、
長時間、飾っていると
ホコリやチリなどが乗ってきます。

ホコリやチリは、
形崩れや退色などの原因にも繋がります。

水洗いは、厳禁です。


時々、ホコリを掃うようにしましょう。

指先や硬いブラシなどでホコリを掃うと
葉や花弁などが、こぼれてしまったり
傷付いたりする事が多々あります。

できれば、カメラ用やパソコン用などの
エアースプレーで
晴れた日に、
お外で遠めから軽く丁寧にエアースプレーで
ホコリを吹き飛ばすとよいでしょう。

それでも取れにくいホコリは、
習字や絵具などの柔らかい筆を使い
筆先で慎重に掃うといいでしょう。






❀ Pastelgreen ❀









by pastel_diary | 2014-11-04 18:56 | リースのこと。

ヒムロスギでクリスマスリース作り。

このヒムロスギには、退色しにくいように、
プリザーブド専用の溶液に浸け込んで、
色素を吸収させ加工してあります。



プリザーブドのヒムロスギ 

f0352792_13432438.jpg








f0352792_13434110.jpg





バジルグリーン タイプ      グリーン タイプ

f0352792_13441554.jpg








❀ Pastelgreen ❀








by pastel_diary | 2014-09-27 13:46 | リースのこと。